塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【スティーブ・グラッソ】心配なのはインフレではなく、デフレ【商品価格をチェック】

塾長です。

昨日(米国7/19)の米株市場は、久しぶりの大幅下落。

 S&P500、4,258(-1.59%)

 Nasdaq、14,274(-1.06%)

【米国市況】株が大幅続落、コロナ感染再拡大を懸念-逃避強まる - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 原油、66.60

 10年債、1.1810

 ドル円、109.50

 Bitcoin、30,852

ウォール街を悩ます米国債利回り低下、ヘッジファンドも不意打ち - Bloomberg

ビットコインが下落再開、節目の3万ドルに再び接近 - Bloomberg

 

 

経済指標:

 7月 NAHB住宅市場指数、80(予想82)

米NAHB住宅市場指数、11カ月ぶり低水準-資材コスト高響く - Bloomberg

宅建設業者は資材価格の高騰や供給不足に見舞われている。

 

 

米中:

米国と同盟国、マイクロソフトへのハッカー攻撃は中国関与と非難 - Bloomberg

 

 

個別株では・・・の前に、今週決算発表する主要銘柄一覧:

 19日(月):IBM、AutoNation、Tractor Supply Co

 20日(火):Chipotle、UBS、Travelers、United、Netflix

 21日(水):J&J、CSXTexas Instruments、Coca Cola、Verizon

 22日(木):AT&T、Intel、D.R. Horton、America's Builder、American Airlines

 23日(金):American Express、Honeywell、Kenberly-Clark、Schlumberger、Regions

 

先日社長が謎の(?)辞任をしたIBM、決算は好調だったようですネ:

IBMの4-6月期、3年ぶり大幅増収-クラウド需要好調 - Bloomberg

 

 

昨日はシーゲル教授、トム・リー、トニー・ドワイヤーがコメントしていて、どれも参考になるのだけれど、一番「へー」と思ったのは、スティーブ・グラッソの解説でした:

www.youtube.com

ー今日はStay-at-Home株、すなわちZoom、Peloton、Cloroxが上昇している。これは衝動的な動きだろうか?継続するだろうか?

・全ては金利だ。デルタ株ではなく、金利の影響が大きい。10年債とZoom、Docusign、Pelotonのチャートを比べてみれば、逆相関の関係になっているのが分かる。10年債金利が下がれば、それらの株価は上がる。単純だ。

(・・・なぜ低金利だと成長株が買われるのか、の解説をしているけれど、当たり前なので省略・・・)

・市場全体で心配なのは、コロナ前はデフレ環境だったことだ。私はインフレの心配はしていない。木材価格を見て欲しい。ピークを迎え、大きく下落。単純に大幅に下落しただけではない。それは今までの上昇がきつかった事で説明できる。コロナ前の水準を割ったのだ。これが意味するところは大きい。2018年6月、テーパータントラムが起こった。その時、木材価格は約25%下がった。これ(インフレ)は一時的なイベントだと信じている。今後、長期間に渡って、この一時的な性質に人々は困惑するだろう。

ーそれではどのような株を買うべきか?

・割安株は再度買われる。金利が下がって、売られ過ぎた。一方、Docusignはどのような環境でもお勧めできる。Docusignは私がオフィスにいようと、西海岸にいようと、東海岸にいようと、私の生活を楽にしてくれる。

 

 

最近、コモディティー価格のチェックをしていませんでしたが、木材が大変な事になってマシタ。こちら木材先物のチャート:

f:id:alibertarian:20210720091202p:plain

Lumber Futures 2021/7/20 - Investing.com

ティーブはコロナ前と同じ水準と言っているが、そこまで下がってはいない。コロナ前(20年1月)に比べて、2割ほど高い。それにしても、大きく値を戻したのは間違いない。NAHB指数のニュースのところで、資材価格高騰を理由に挙げているが、少なくとも木材に関してはその心配は無くなった(家を建てるには、木材以外にも、便器、キッチン、電気配線、セメント、労働者・・・と様々なモノが必要なので、住宅建築コスト全体が下がるとまでは言えない)

 

木材を見たので、景気先行指数としても良く取り上げられる銅を見てみましょう:

f:id:alibertarian:20210720093200p:plain

Copper Futures 2021/7/20 - Investing.com

銅は木材ほど戻していない。コロナ前に比べると、約45% up。

木材は住宅建材業者・建築業者によるパニック買いだったのかも知れないし、これから銅も下げるのかも知れない。

商品価格も忘れずにチェックしましょう!(と、自分に言ってみる)

 

 

 

 

一応、シーゲル教授、トム・リー、トニー・ドワイヤーの解説も貼っておきます。基本的に、サゲたら買い、と言っている:

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com