塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

マイクが言うには、石油価格は元に戻るし、シェールは環境に良いらしい。

塾長です。

American Petroleum Institute社長兼CEOマイク・ソマースに、石油価格の見通しと、環境問題について聞いたヨ:

www.youtube.com

・石油価格は、SARSの時、2四半期に渡って影響を受けた。

 その後リバウンド。

 今回も同じだと考えている。

 この産業は弾力的だ。ブームも、その破裂も乗り越えてきた。

アメリカでの原油革命(シェールガス)があったから、消費者にとってエネルギー価格が低いままである。

 消費者のために、我々はシェールガスを掘り続ける。

 環境にも貢献している。ここ12年間で排出は最低。世界的に排出削減をリードしている。

 それは石炭から天然ガスへの切り替えが進んだからだ。

 我々の計算では排出削減による環境改善の60%が天然ガスからもたらされている。再エネのおかげではない。

 来週には、民主党候補者の提案が通ったら、7百50万の職が失われるというレポートを出す。

・我々は大統領選挙の中で重要な役割をはたす。

 大統領選のキーとなる州では、エネルギーに関わる職が多い。例えば、ペンシルベニアには400,000の職がある。給料も高い。

・もう一つ気にしているのは、石油禁輸措置だ。

 世界では1億バレルの原油が毎日使われる。

 環境に敏感なアメリカで作るか、そうではない他国が作るか、どちらかだ。

 

 

シェールガスが環境に貢献しているってのは、アメリカ人的ロジックだネ。

原発も日本のせいで推進できなくなっちゃったし。

アメリカに巨大ハリケーンが毎年10個くるようになるまで、環境派は勝てそうにありません・・・。