塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジェレミー・シーゲル教授】コロナで株が10%以上下落するのは理屈に合わない。

塾長です。

株価急落が続いて、調整局面入り。

永遠のBullシーゲル教授が何て言っているか、気になるよネ?

www.youtube.com

・全ての投資家が意識しておかなければいけないのは、株の価値の90%以上は、1年以上先の利益から来るということ。

 すなわち、例え1年分の利益が無くなったとしても、その後に持ち直すのであれば、90%の価値は維持されなくてはならない。

 既に10%を失っている。

・去年10月以来、モメンタム・マーケットだ、高すぎると言い続けてきた。

 石ころが道路に転がっていれば、道を外れる、と。

 実際に来たのは石ころではなく、巨石だった。

 そして、道理にかなった価格に戻った。

 恐怖心は株価を短期に動かす。

 株は長期で持つ資産。1、2四半期先を見て、価値を判断せよ。

・我々はコロナウィルスがもたらす2020年への影響を知ることができない。

 2021年、22年、23年には正常に戻るを思うか?私には間違いなくYesだ。

 今年に疑問を持つのは良い。しかし、その後は正常に戻るんだ。

 私は経済学を教えている。1年間ダメで、その後戻るなら、30%の下落なんてあり得ない。

 株価はぐらつくだろう。売られるだろう。しかし、株の根源的価値を壊す事はない。

・2020年の企業利益期待は高過ぎた。10%、12%と言われていた。私は5%だと見ていた。

 コロナウィルスでマイナス10%、20%、いや、30%になる可能性もある。

・リセッションになる可能性もある。米国で起こるとは思っていないが。

 株価は20%下落し、弱気相場入りする可能性もある。

 短期には非常に悪くなる可能性はある。

 しかし、そうであればあるほど、戻す自信がわいてくる。

 2009年金融危機とは違う。金融危機のときは、企業利益が8割、9割減が数年続いた。

 今は違う。期間が限られている。

 金融危機大恐慌といったシステミック・リスクではない。それは何年にも渡る。

FEDは利下げすべきと思う。

 1兆ドルにのぼるローン、LIBORなど、がある。

 利下げして、金融危機が起きないようにしなければならない。

 利下げが全てを癒すのではないが、金利が1.6%で、10年国債が1.15%では、理屈に合わない。

・(Kevin Warshが中央銀行が協調行動を取れと言っている事について)

 FEDは0.5%利下げし、他の中銀も同じようにすべき。

 状況を悪化させることはない。

・もしリセッション入りしたら、金利をゼロにすればよい。

 6、7年間もゼロ金利状態だった。

 大恐慌と同じ事態を防げるなら、やるべきだ。

・AAAグレードの国債米国債、日本国債に金が集まるだろう。それ以外のリスクは拡大する。

 ギリシャ、イタリア国債、Aグレード、Bグレードとの金利差は広がる。

 とはいえ、リーマンショックの時のようには拡大しない。

 

 

株価は、現在価値に割り戻した期待収益の総和(を発行株数で割ったもの)だからネ。

計算上、利益が普通に拡大していく企業であれば、今年1年分の利益が吹っ飛んでも、1割価値が減る事にはならない。

教授も指摘しているように、今年2月に入った時点での株価が高過ぎたので、あと10%くらいの下落は覚悟しておきましょう。

 

原油価格が下がっているのが、何気に気になるヨ。

ジャンク債の多くが石油関連だから、ここが弾けると何が起こるの???

誰か偉い人に解説してもらいタイ!