塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【Odin Properties】北海道のファンダメンタルズに自信がある。

塾長です。

米国の株式市場がプロに弄ばれているので、その他地域、株以外を見直すのもイイよね?

Odin Propertiesは、北海道ニセコで高級別荘開発、ホテル経営をやっている会社。

コロナのせいで観光業が大打撃を受けているので、そこの共同創業者ニコラス・ゴンタルドBloombergのインタビューを受けていたヨ:

www.youtube.com

・今シーズンのビジネスは好調だった。

 12月は少し始まりが遅かったが、強く終わった。

 1月も良かった。

 2月も3週目までは良かった。

 そこで悪いニュースが出てきた。旅行制限や、人々が北海道を怖がり出した。

 キャンセルが出て、3月は悲劇的。

 ホテルは1割以下しか埋まっていない。それも、クローズしていない場合だが。

・10年に一回くらいは悪い事があるものだ。

 前回はフクシマだった。

 多分金を失うだろう。回復することを願っている。

 夏はもうすぐ。オリンピックは多分開催されないだろう。

 夏は日本人旅行者の季節。

 悪い年になった。

・花園ニセコのプロジェクト(高級別荘)は、2月1週まで良かった。

 2週目から売れていない。客は保留状態。

 ファンダメンタルズは良い。場所も良い。

 夏には戻ると期待している。今は待つしかないね。

・多くの投資家が、土地の値段が下がるのを待っている。

 我々は値段を下げてないけどね。

 安くなる所もあるんじゃないかな。

・花園ニセコのプロジェクトは、完全に資金が集まっている。

 土地を売るか、Odinが家を建てて売るか、のどちらか。

 5つ星ホテルも立てる。

 個人への土地売却は止まっているが、インフラ、建設等に遅れはない。

 北海道のファンダメンタルズは素晴らしい。

 人々は大都市、例えば香港、シンガポール、その他アジア、を恐れる時代。北海道に別荘やリタイヤ後の家を買いに来る。

 空気は綺麗。汚染なし。

 北海道のファンダメンタルズに自信がある。

・通常は4月に閉鎖するレストランを早めにクローズした。

 一つだけ開けてある。

 ホテルは通常5、6月に閉鎖。予約状況次第。

 

 

日本に暮らしていると気づきにくいけれど、日本はイイ。

食べ物はおいしい。

観光客を騙そうとする人が少ない。

物価も安い。

東南アジアにありがちな伝染病もない。

 

REITが激烈に下がっているネ。特にホテル系。

買い時なのでは?と思う。潰れたら元も子もないケド。