塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

米国内旅行が活況。

塾長です。

昨日(米国10/28)の米株市場は、GDP成長率が予想以下だったにも関わらず、企業の好決算が好感されて、上昇。市場クローズ後、AmazonAppleが期待外れの決算/見通しを出したので、明日が怖い。

 S&P500、4,596(+0.98%)

 Nasdaq、15,448(+1.39%)

【米国市況】株反発、決算を好感-20年債・30年債の利回り曲線逆転 - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 原油、83.00

 10年債、1.5680

 ドル円、113.5580

 Bitcoin、60,747

米国債、20年と30年のイールドカーブが逆転-20年債発行再開以降で初 - Bloomberg

 

 

経済指標:

 7-9月期 GDP速報値[前期比年率]、2.0%(予想2.7%)

 7-9月期 GDP個人消費速報値[前期比年率]、1.6%(0.8%)

 7-9月期 コアPCE速報値[前期比年率]、4.5%(4.5%)

米GDP、7-9月は2%増-コロナ禍からの回復期で最低の伸び - Bloomberg

自動車生産は年率41.6%減少した。自動車生産を除けば、7-9月GDPは3.5%増となる。

 

 

財政政策:

バイデン米大統領、1.75兆ドル規模に縮小した経済対策枠組み発表 - Bloomberg

・株主に報告した利益が10億ドルを超える企業を対象とする15%のミニマム税と、自社株買いに対する1%の付加税

・1000万ドルを超える所得に5%の税率上乗せ、2500万ドルを超える所得にはさらに3%の上乗せ

・クリーンエネルギーと気候温暖化対策に5550億ドル

・3ー4歳児の幼児教育無償化、子育て税控除拡大を2022年末まで延長

 

 

個別株:

今日も決算。AppleAmazon、Caterpillarなど。

アップル株急落、供給上の制約が7-9月期売上高に打撃 - Bloomberg

アマゾン、10-12月売上高見通し予想下回る-コロナ禍のブームが後退 - Bloomberg

キャタピラー、利益が予想上回る-供給問題で需要満たすのは困難に - Bloomberg

決算内容、解説などを聞いてみても、あまりオモシロイものがないので割愛。半導体不足、サプライチェーンの混乱・・・を理由に市場予想を下回っている部分もあるけれど、基本的には悪い決算ではないのでは?少なくとも、やらかしちゃった感は無い。

 

テルチェーンWyndhamの決算も良かったようで、CEO ジェフ・バロッティのインタビューをご紹介。決算内容というよりも、旅行業、消費者心理、国境をまたぐ移動という辺りの現場の感覚を知るために。ポジショントークでもあるので、話半分で:

www.youtube.com

パンデミック前よりも良くなっているのでしょうか?

・非常に強い。今、BostonにあるWyndhamにいる。今週末の部屋は売り切れだ。ビジネストラベル、グループトラベルが戻ってきたのを見るのは素晴らしい。非常に強い。木曜、日曜は最高を記録した。2019年比、第3四半期は14%上昇した。去年との比較ではないですよ。秋に向けて需要は旺盛。

ー航空業界はまだ苦しい。なぜホテルだけが戻ったのでしょう?

・米国内のレジャー需要だ。在宅勤務は、ホテルから働ける事を意味する。どこからでも働ける。それが週末の需要を作り出している。しかし、週を通して需要は大きい。車に乗って、屋根裏や地下室から出て、家族や友人と一緒にどこかに行きたいのだ。かつてない需要の盛り上がり。秋に向けて、それは続くだろう。

 我々は22番目のブランドを立ち上げた※。全部込み(all inclusive)だ。全部込み旅行は成長している。行先はメキシコなど。メキシコのCancunに全部込みホテルWyndham Alltraを作った。人々は逃げ出して、安全・融通のきく・気楽な休暇を過ごしたいと思っている。我々はそれを目にしている。

ー需要の戻りが遅いところはありますか?米国内でも、国外でも。

・ボストン、サンフランシスコといった都市における、グループミーティング需要は戻り始めたが、まだ本調子ではない。我々は世界中に様々なホテルブランドを展開している。Days-Inn、Super 8、La Quinta(注:車で行って、さっと泊まれる、比較的安い宿)といったところの戻りは早い。それ以外、グループミーティングを行うような場所は、戻り始めている。

ーこれから数週間後、インバウンドが非常に期待できると聞くが、どうか?

・米国への旅行需要は確実に増えるだろう。我々は政府や議員に働きかけてきた。我々が望むものの一つはビザの発行。ビザの発行を加速するために、追加の予算措置が必要と訴えてきた。ボストン、サンフランシスコ、ニューヨークといった都市へのビジネス旅行、レジャー旅行が戻ってくるだろう。

 

多最後の部分は、米国入国にワクチン接種を義務付けた件かな?

アメリカ、入国制限を解除し新ルール導入へ ワクチン義務化 - BBCニュース

これは「ワクチン打ってないと米国に入れない、困った」ではなく「ワクチン打っていれば米国に入り放題、やったー!」なわけですね(実際に行きたいかどうかは別にして)。

 

日本はまだワクチン接種していても、10日間の隔離が必要みたい(その間も位置情報を知らせたり、最終日に検査→陰性である必要がある)。それを本当に守るなら、日本旅行したいと思う外国人はいませんよね。

これもそのうち解除されるでしょう。円安はインバウンドに追い風。ただ、中国シノファーム社製ワクチンが対象になるかは・・・。ムムム。

 

 

※Wyndhamが新たに立上げた、飲食やビーチでのアクティビティーが全部込み込みのホテルブランド、Alltraの情報はこちら: 

Wyndham Alltra | All-Inclusive Resorts

https://corporate.wyndhamhotels.com/wp-content/uploads/2021/10/Wyndham-Alltra-Cancun-1380x920.jpg

これらリゾート内に遊びの要素が全て揃っているので、外に出なくて良くて安全(コロナ、治安の両面で)、という事ですナ。行ってみたいな~。