塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ピーター・ナヴァロ】米国政府はBuy Americanが足りない【薬、衣料品】

塾長です。

みんな大好き(嘘)ピーター・ナヴァロ。Fox Newsによるのインタビューだヨ。

色々言っているけれど、今後の株価動向を左右するポイントだけ:

www.youtube.com

・政府は十分にアメリカ製品を買っていない。

 VA、HHS、DoDは薬、医療用品、医療器具に関して巨大な消費者だ。

 トランプと、長期的には米国で作るべきと話している。

 これは中国の問題ではない。サプライチェーンは世界を跨っている。

 欧州、アイルランド、ドイツ、スイス、インド。

 我々は3つの事をやる。

 Buy American、米国で作れるように規制撤廃、Advanced Manufacturingで価格を下げる。

 

 

 

トランプ政権が米国製造業を復活させたいと動いているのはご承知の通り。

その流れで、この危機を利用して(?)、薬や医療機器を米国製にするインセンティブを与えようとしている。

(ここからは想像)例えば、通信機器は安全保障にかかわるとしてファーウェイ、ZTEを米国市場から締め出したように、医療でも同じことをするかも知れない。

 このインタビューの中でも言及しているけれど、米国でコロナ検査のための綿棒が不足して、欧州から緊急輸入したらしいんだよネ。

だから、医療=安全保障と言える。

 

そうなると、買うべき株は、逆に売るべき株(将来、米国市場での販売が減ると困る医薬、医療関係の会社は)・・・、という話。

トランプ再選が前提だけど。