塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジェイソン・ウェア】決算シーズンに何を見る?

塾長です。

米国は、今日から決算シーズンですね。まずはWells Fargoからかな。

コロナのせいで「もう決算なんてどうでもイイんじゃない?」という状況。

Albion Financial Groupジェイソン・ウェアが何をみるべきか教えてくれたヨ:

www.youtube.com

・これからの決算は、興味深い。

 まずはバランスシートに注目すべきだ。

 利益や売上ではない。リセッションなのは分かっている。劇的にスローダウンしているのは知っている。

 次に、マクロなエコノミーに対するコメント。

・なんといってもバランスシート。

 クレジットライン(与信枠)へのアクセス。

 これから3~6か月乗り切れるのか。

 大企業は生き残れるだろうが、市場価値が小さい会社はそうはいかない。

・コロナ危機でも大丈夫と思われるのは、テクノロジー。特にテクノロジーと消費者向けの交差点にいる会社。

 そして、巨大企業(mega cap)。

 アマゾン、マイクロソフト、グーグル、Visa、Costcoなど。

 何年も所有している。これからも所有し続ける。

 Amazonはコロナが後押しして売り上げが伸びているだろう。

 マイクロソフトのサティア・ナディラは、自宅から働く人が増えた事で、クラウド需要が増加したとアナウンスした。Teams。

 Costcoは既存店売上高が伸びている。

 これらはパンデミックに前から長期的な成長をしており、コロナで短期的な売上増加を受けている。

・エネルギーは基本的に原油価格に従う。我々は投資していない。

 

 

みなさん、バランスシートだそうですよ。

あとは、キャッシュフローもね。それでキャッシュがどれだけ減っていくか予想できる(と良いな)。

大きくキャッシュフローがマイナスな会社は、当然与信枠って話になってくる。

そして、基本的にキャッシュを確保しようとするはずなので、減配や自社株買いの停止なども発表されるでしょう。

こんな状態だから、仕方がないと諦めよう!