塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

ミッチ・ルービンの買いと売り。

塾長です。

RiverPark Funds CIO & Managing Partner ミッチ・ルービンのインタビュー!

ロング・ショートのファンドを運用しているんだってさ。

www.youtube.com

・インターネット、テック、メディアの勝者や、その他のイノベーターをロングしている。

 困難な経済状況に循環的に影響されるビジネスをショートしている。

・具体的には、ファンダメンタルに注目し、こんな状況でも良くやっている巨大テック企業、すなわち、GoogleFacebookAmazonをロング。

 あまり知られていないかも知れないが、Dexcom、Blackstoneもロング。彼らはバランスシートが強固で、キャッシュフローが強い。

 今年に入ってからエネルギーをショート。

 コロナ危機前半では、トラベルとエンターテイメントをショートしていた。

 今になってショートは減ったが、まだ広告業をショート。

 Harley-Davidson、Iron Mountainもショート。

・ハーレーというブランドは好きだが、長期的に減退するビジネスだ。

 ベイビー・ブーマーが主要な顧客層だが、彼らは歳を取った。

 バイクにはあまり乗らない。乗るのはホビー。古いバイク、中古が好まれる。

 ハーレーは、ローンでも売っている。消費者のクレジットは悪くなるだろう。

 コロナで減退が加速する。

・我々のファンドは、今後5年の利益の成長とフリーキャッシュフローを想定して投資する。

 来年は、ボラが高くなるだろう。

 ロックダウンが経済に影響を及ぼす。勝ち組と負け組が出てくる。

 我々のゴールは、その勝者をロングして、敗者をショートすることだ。

 そして、ボラを管理する。

 市場が上昇すれば儲かるし、下落相場では守れる。

 

 

画面には、Visa、MasterCard、Microsoft、Snap、Exact Sciencesもロングしていると出ていた。

 同様に、Omnicom Group、WPP Groupもショート。

 

Dexcomは知らなかった。

糖尿病をモニターするシステムを作っているみたい。

アメリカでは需要ありそう・・・。