塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

ドラッケンミラーの言う事なんて聞くな!

塾長です。

伝説のヘッジファンド運用者、ドラッケンミラーが株なんて買うなと言っている:

www.bloomberg.co.jp

 

CNBCでジョシュ・ブラウンが、彼の言う事なんて聞くな!と怒っている。

なぜでしょう?開始3分のところから。

youtu.be

・[ドラッケンミラーやテッパーの株に対するネガティブな発言は]今日の株価に精神的なインパクトがあったかも知れない。

 みんなに注意深く聞いて欲しい。

 スタン・ドラッケンミラーとデイビッド・テッパーは歴史上最高のトレーダーだ。少なくともトップ10には入る。

 彼らでさえ、彼らの最高のパフォーマンスを繰り返す事が出来なかった。

 ちなみに、二人ともリタイヤしている。

 この番組を見ている個人投資家、多くの職業投資家は、絶対に[彼らの発言に]反応してはいけない。

 まず、彼らは直観でモノを言っている。

 テッパーはシステマチックではない。

 ドラッケンミラーは、痛い目にあったときは、逃げ腰。

 それは再現性がない。

 そして、彼らは考えを変えた時に、それをあなたには教えない。

 ドラッケンミラーのキャリア最大の取引は、最大のテックブームが起きた時、4日間で投資ポジションを180度転換した事だ。資金を引き揚げ、ショートした。

 そのとき、あなたに電話してそれを教えたりしない。

 1月17日のSquawk Box(CNBCの番組の名前)を見てくれ。

 Kermanが二人からemailをもらっている。二人とも強気だった。

 二人とも、短期、中期で株に強気だった。

 そのあと何が起こるか予見できなかった。

 誰もできなかった。

 そして、彼らは態度を変えた。

 だから、ドラッケンミラーが何か言っても、あなたは資産アロケーションを変えてはいけない。

 彼が2日後に意見を変えたとしても、教えてくれないのだから。

 

 

ハハハ。

ジョシュはいつも熱くて、ステキです。

まったく、同感です。