塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Nasdaqは最高値更新し、ドラッケンミラーは”恐縮”する。

塾長です。

昨日(米国6/8)も米株は凄かった。

開始直後下げていたNasdaqが、終盤にかけて盛り返し、最高値更新。9,924.+1.13%。

経済アナリスト、ファンドマネージャは後付け講釈に追われている。

 

所詮後付けなので、簡単に。ポイントだけ。

まずはCanaccord Genuityトニー・ドワイヤー。

www.youtube.com

・フラストレーション・フェイズを終えて、tanks (工業) and banksの上昇を待っていた。

 重要なテクニカル・ポイントを上回った。

 2つの強気相場が起きている。

 巨大企業株の上昇と、FED

・ここから調整に入るかもしれない。

 

 

こちらは、Wells Fargoマイク・メイヨー:

www.youtube.com

・銀行株の調子が良い。引き続き良いだろう。

 金曜日にデータによると、週単位の消費者ローンが増加に転じた。

 1月以来の出来事だ。

 消費が回復している。

 経済回復がL字になる可能性は少ない。

 FEDによると、銀行は$700Bの新規貸し出しを行った。

 金融危機の時のように、銀行は問題ではない。銀行は解決策だ。

 

 

一番愉快だったのは、この記事。

ドラッケンミラーが、市場を読み違って、3月最安値から3%しかリターンを得られず、”恐縮(humbled)”しているそうだ: 

www.cnbc.com

言い訳としては、コロナ前から企業借入が巨大化していて、コロナで巻き戻るだろう、と思っていたが、FEDがここまでやるとは予想してなかった、からだそうだ。

 

 

実際、彼は5月中旬、株は上げ過ぎているぞ!と警告していたよネ:

alibertarian.hatenablog.com

 

 

 

いやー、 資産バブルが怖い。

株は不安の壁を登るから、まだ上がるのだろう。

コワイコワイ、饅頭怖い。