塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

米株はバブルなのか?2

塾長です。

今、日本時間6/10、22:20.米国6/10の市場が開く直前。

先物が上昇中。Nasdaqがスゴイ。

バブルの発生が怖い。

 

前回のblogに書いたように、ジム・クレイマーがデイ・トレードする一般投資家に対して怒っている。

自分のコーナー(Mad Money)で、投資初心者に会社が倒産したら、株の価値はゼロになると教えている:

www.youtube.com

(ここでは詳しく書かないが、倒産したら会社は債権者のモノになる、Hertzについてはカール・アイカーンが立直そうとしたが失敗した、などなど)

 

こっちでは、危なっかしい航空会社株やクルーズ船株ではなく、Facebook, Apple, AMD, nVidia, Amazonを買えと言っている。

www.youtube.com

 

 

こちらでは、ModernIR社長ティム・クアストが、こんなことを言っている。

一般投資家が大量のデイ・トレードをしていて、その裏でhigh frequency traderが売買の間で鞘を抜いている、その過程で株価が吊り上がる、そうだ:

www.youtube.com

 

 

アメリカでは、一部の新興証券会社で、売買手数料がゼロだからネ。

一日中家にいて、毎日「今日も株価が上がりました!」ってニュースを見続けていたら、「俺もいっちょやったるか!」という人が出てくるのは当然。必然。

 

まー、普通の人は、誰が何を言っても聞かない。

一回は自分で痛い目に合わないと分からない。