塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジム・ビアンコ】米国株価を上げているのは、FEDと一般投資家。

塾長です。

昨日(米国6/16)の米国株式市場は大きく戻して、

S&P500、3,124(+1.90%)、

Nasdaq、9,895(+1.75)。

先物も上昇中。

ドル円は昨日と変わらず、107.5を切るくらい。

 

株が上がったのは、小売りの指標が良かったから、らしい。

5月小売り売上高[前月比]、+17.7%(予想+8.0%)

・・・。

結局、カネ余りですネ。

 

Bianco Research 社長 ジム・ビアンコの話を聞いてみよう:

www.youtube.com

FED流動性供給以上の事をやり始めた。最近は市場の支援だ。

 社債買入を昨日(6/15)発表し、今日(6/16)開始した。

 FEDはやる必要がなかった。意向を示すためにやった。

 FEDは市場に底を提供した。

 誰がそれに気づいたか?一般投資家だ。

 一般投資家は、手数料がゼロ、1株未満を買える。

 数百万の新規口座が開設された。取引量が爆発した。

 先週の会見でパウエルが「市場は買われ過ぎか?」と問われ、直接的ではないが、株価とは関係なく今の施策を続ける、と回答した。

 それが株価を強制的に上昇させた。永遠には続かないが。

 もし、直近、株式市場が大きく下げると思うのであれば、FEDが無制限にカネを刷り、一般投資家が狂ったように株トレードしているのに、それでも下げるだけの理由を見出さなければならない。そのハードルはとても高い。

・もしファンダメンタルズに従うのであれば、この市場は買われ過ぎだ。

 今の株価を正当化するためには、新しい指標が必要だ。2年間の利益との比率など。

 それは6か月前には存在しなかったものだ。無理やり作られた。

 伝統的な指標に従うならば、買われ過ぎ。

 しかし、市場はモーメンタムとFEDで動いている。

・一般投資家はラリーを起こすほどの力(カネ)を持っていると思う。

 それを裏付ける統計はないが。

 最も近いと考えられるのが、オプショントレードのサイズ。小さいサイズの取引が異常に増えている。

 かつての最大値から何倍にもなっている。オプション取引の数もだ。

 株式市場に、それに近い統計がないのが残念。

・ファンダメンタルズは重要だ。

 私の説が正しくて、一般投資家が株価を押し上げているのだとしたら、今後問題になる可能性はある。

 しかし、「今」ではない。

 ひとたび経済再開しきった後、状況を評価し、その結果に失望したとしたら、危ない。

 しかし、それは今後数週間の事ではない。

 まだ希望を持っている。

 日を追うごとにオープンするレストランの数が増え、徐々に人が集まる。

 個人的には、最終的に失望する結果が出るかも知れないと思っているが、それまで株は上がるだろう。

 

 

株がどれくらいの塊で取引されているか、統計はないのでしょーか?

アメリカ人、大好きそうだけど。(スポーツを見ていると、そう思う)

 

日本も、一般投資家が相場の中心に来ると良いですネ。

 

新興企業向け市場は、そうなのかな?

インサイダー取引、株価操作が横行していそうで、まったく入っていく気にはなれませんが。