塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

テック株は上がり過ぎ。それなら、ペット株はいかが?

塾長です。

昨日(米国7/30)の米国株式市場は、大きく下げたあと、引けにかけて大きく買い戻された。

 S&P500、3,271(+0.77%)

 Nasdaq、10,745(+1.49%)

 

テックがイイ。Amazon、3,164.68(+3.70%)、Apple、425.04(+10.47%)。

しかし、Microsoft、205.01(+0.54%)、Alphabet、1,482.96(-3.17%)は出遅れ。ムムム。

その出遅れているMicrosoftTikTok買うかも?との報道。

Microsoft Said to Be in Talks to Buy TikTok, as Trump Weighs Curtailing App - The New York Times

ビジネスモデルとしては、広告事業になると思う(最終的に)。

マイクロソフトにとっては初めて。

他の事業とのシナジーも見込めない。XBOX?LinkedIn?ナイナイ。

 

CNBCでは、上昇し続けるテック株を買うべきか・売るべきか、と言った議論をしていた:

www.youtube.com

 マイケル・ファーは「今FAANG株にエントリーするより、10年、20年先を見据えて、分散投資しろ」と主張。 

それに対してピートが「例えばAPPLEiPhoneの伸びは鈍化しているが、サービスもウェアラブルも伸びている。5G 対応iPhoneが出るのはこれから。まだまだ上昇余地はある」と反論。

この手の経済番組で、皆が「この株を買え!」と言ったら、バブルを疑おう。

逆に、波に乗れなかったとしても、仕方がない。

 

 テックでもう一つ。

Twitterハッキングの犯人が捕まった。

ツイッターのハッキング事件、17歳の男を逮捕-米司法省は3人訴追 - Bloomberg

首謀者は17歳。

17歳か~。なぜか褒めたい気分になるのはナゼだろう?

 

 

 

ドル円は、なぜかの円安(前日に比べて)。105.9円あたり。106円目前。やはり、為替はワカラナイ。

 

政治では、期待の経済刺激策がまとまらず。

しかし、CNBCによると、8月の休会をキャンセルして、合意を目指すらしい:

www.youtube.com

 

香港(=中国)が議会選挙を延期したのも笑える。

トランプがコロナを理由に大統領選挙延期を訴えて、民主党共和党、マスコミから反発を喰らっていた。それを中国は香港の場を使って、サラッとやってのけた。

トランプはさぞ悔しがっているでしょう。

香港、立法会選挙を1年延期-新型コロナの影響で - Bloomberg

 

 

そんなつまらない7月最終日を締めくくるにはペットの話題が相応しい。

PETCO CEO ロン・コグリンのインタビュー:

www.youtube.com

・我々は[コロナで]3つのフェーズを経験した。

 第1フェーズは、「やばい、パンデミックだ」ということで、[ペット用品の]買い溜め。

 我々はペットのスーパーマーケット。サロンもやっている。28%の売上上昇。

 第2フェーズは、Stay-at-Home期間。実店舗での売上が減り、オンラインが伸びた。

 第3フェーズは6月半ばから。実店舗、オンラインともに100%の伸び。シェアを伸ばした。

・ペット[ビジネス]は回復力がある。アメリカ人はペットをかわいがるのが好き。

 この時期にユニークなのは、人々はバハマ・クルーズに行かない。映画にも行かない。仕事着も買わない。かわりにペットに金を使う。

 もう一つの現象は、我々がサポートしている[ペットの]シェルターからペットを家に持ち帰り養育(foster)している。そのまま里親になって(adopted)欲しいと願っている。

 今年ペットは4%上昇すると予想している。去年はフラットだった。

・議会が取ったアグレッシブな経済刺激は良かった。我々にとっても追い風になった。

 次の経済刺激策もまとまると良いと思っている。

・上場に関しては・・・。我々は出資者とうまくやっている。我々は成長している。コロナがあってもだ。それは我々にオプションを与えてくれる。それ以上この件でコメントできない。

 

 

なるほど。人々が家にいる時間が長くなれば、昼間家を空けなくなれば、ペット需要が増すのですネ。

ガーデニングや、home improvementが伸びているという話はどこかでしたような気がするけど。

公開企業のChewyは年初から80%上昇したらしい。

ペット以外だと・・・、子供を作る家庭も増えるかな?