塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Disneyの株が下落中。

塾長です。

昨日(米国9/29)の米株市場は、前日の大幅高の揺り戻しで下落。

 S&P500、3,335(-0.48%)

 Nasdaq、11,085(-0.29%)

【米国市況】株が反落、追加経済対策の行方見極め-原油は大幅安 - Bloomberg

 

債券、為替は、

 10年債、0.6450

 ドル円、105.6620

昨日シーゲル教授も言っていたように、債券が動かない。

コモディティーでは、ゴールドが若干戻し、原油が下落。40ドルを切った。

 

経済指標は、

 7月 ケース・シラー米住宅価格指数、226.55

 同[前年同月比]、3.9%(予想3.6%)

 9月 消費者信頼感指数、101.8(予想90.0)

米20都市住宅価格指数:7月は3.95%上昇-2018年以来の高い伸び - Bloomberg

米消費者信頼感指数、9月は17年ぶりの大幅上昇-市場予想上回る - Bloomberg

 

良い指標が出た(あと、ワクチンのニュースもあった)が、今日は大統領選ディベートがあるので、投資家は動けなかったのでしょうナ。

個別のニュースも、特筆するものは無し。

PPPが9月で切れるので、Disneyが28,000人のジョブ・カットをしたり:

www.youtube.com

・Disneyが一時帰休としていた米国内の人員約28,000人を、恒久的に削減すると発表した。67%がパートタイム。遊園地と製品セグメントで働く人たち。

 Disneyが理由としているのは、コロナで先が見通せないこと。そして、カリフォルニアでは、州がディズニーランドの再開を認めなかったのが、事態を悪化。

 

 

政治の責任だと。第四次経済刺激策(この場合は、その中でもPPP)が通らないのと、民主党州知事がパーク再開を阻んでいる、と。

株価は、時間外で1%以上下落中・・・。

Rosenblattのバーニー・マクターナンは、ストリーミングに期待できるから持っておけ、と言っている:

www.youtube.com

・このニュースは、売上がなかなか戻って来ない事を示している。そのためのコスト削減。ユニバーサルも同様の事をしている。地方政府にパーク再開を働きかけているが、うまく行っていない。

・Disney株を持っているのは、ストリーミングが理由だ。コンテンツだ。Disney+をSTARのネットワークで配信。海外で、今年か、来年はじめ。次の1億サブスクライバー獲得のため。Netflixの2億人との差を縮める。多くの売上、利益が、ストリーミングから見込める。

・パーク(遊園地)のビジネスは変化するかもしれない。Comcast(NBCUniversal)はオーランドで新しいパークを建設計画を停止した。次世代のパークがどうなるか見極めるため。

 

 

 

Disneyは仕込み時?