塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【James McDonald】S&P500は年末までに20%下落【弱気派】

塾長です。

昨日(米国11/13)の米株市場は、反発して大幅上昇。S&P500とRussell 2000が最高値更新。

 S&P500、3,585(+1.36%)

 Nasdaq、1,744(+2.08%)

 Russell2000、1,744(+2.08%)

【米国市況】S&P500が最高値更新、景気循環銘柄や小型株が高い - Bloomberg

 

債券、為替は、

 10年債、0.8930

 ドル円、104.6200

 

そしてゴールド、Bitcoinが高い。

 Gold、1,888

 Bitcoin、16,326

 

経済指標は

 10月 卸売物価指数(PPI)[前月比]、0.3%(予想0.2%)

 同[前年同月比]、0.5%(0.4%)

 10月 卸売物価指数(PPIコア)[前月比]、0.1%(0.2%)

 同[前年同月比]、1.1%(1.2%)

 11月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値、77.0(82.0)

米生産者物価指数、10月はコア指数の伸びが鈍化-予想下回る - Bloomberg

米消費者マインド指数、11月は予想外に低下-期待が大幅悪化 - Bloomberg

 

 

大方のアナリストは強気でいるのだが、弱気派の人もいる。

そんな弱気派の一人、James McDonaldの解説(という程でも無いが・・・)を自分への戒めの意味もむくめ書きだしておこう[4:46~]:

youtu.be

・この相場はバブルだ。

 市場がいつ破裂してもおかしくない。

 ロックダウン、新たな行動制限導入や、経済刺激策の遅れがきっかけになるかも知れない。

 この市場がどのような状態かと言うと、去年のThanksgiving時と比べ30%高で最高値。今年2月の高値に比べて5%高。コロナ前より経済が強いなんてあり得ない。経済は減速している。

 直近6週間で、2回の9%下落(pullback)を経験した。3月以来、最初の弱気のサインだ。3度目の下落が年末までにあるだろう。10%なら3,250.

 ここで止まると思っていない。3,000まである。20%の下落だ。これが起こると思っている。

 

 

ということで、素人投資家は20%下落してもパニックに陥ることなく、淡々と、機械的に買い続けましょう(もしくは、持ち続ける、徐々に切り崩す、その人の人生・投資ステージに合わせてネ)。