塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

外国人が日本株を買わない理由【Part2】

塾長です。

12/11付け、Bloombergにこんな記事がありました:

www.bloomberg.co.jp

 

米国、欧州が中国の5Gテクノロジーを使えないなら、どこから買ってくるのか?誰だってそう疑問に思うでしょう。

その一つの答えが”日本”に成り得るわけですよ。

家電も半導体も失い、そしてCASE時代には自動車産業も失ってしまうかもしれない日本にとって、棚から巨大ぼた餅が落ちてきた。

そんな世紀の大チャンスにこんな発言:

富士通の時田隆仁社長は「オープン化の厳しい競争の中で、どれくらい勝ち残れるかということは大きな挑戦」とブルームバーグの取材で語った。「数兆ドル規模の市場のうちのわずかでも、富士通にとって大きな機会となることは間違いない」(時田氏)。

”わずかでも”って・・・。

なぜ「俺が世界を取る」と言えない?

言えないなら、社長を辞めて頂きたい。

そして、Blackstoneにでも通信事業ごと買ってもらえばいい。