塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【Ford】半導体不足で第二四半期の生産半減

塾長です。

昨日(米国4/28)の米株市場は、FOMC後のパウエル会見まで方向感定まらず。パウエルが金融緩和継続を発表した直後(なのかな?多分)は株価上昇したものの、クローズにかけてズルズル。1日で見たら、ヨコ。

 S&P500、4,183(-0.08%)

 Nasdaq、14,051(-0.28%)

 Russell2000、2,304(+0.13%)

【米国市況】株が下落、FOMCが景気認識引き上げ-ドルも下げ - Bloomberg

 

 

FOMC関連ニュース:

FOMC、景気の現状認識を上方修正-政策金利はゼロ付近で維持 - Bloomberg

FOMC声明:経済や雇用は強さ増す、インフレ上昇は主に一過性の要因 - Bloomberg

パウエル会見、まだ半分くらいしか見ていませんが、今までの主張を繰り返しただけでサプライズ無し。

サプライズなんてあったら困りますが。

 

 

金融政策に変更がないので、こちら、バイデン政権の政策の方が気になりますネ: 

バイデン大統領、1.8兆ドルの「米国の家族のための計画」発表へ - Bloomberg

バイデン大統領の税制案、不動産投資に照準-税繰り延べ措置廃止へ - Bloomberg

バイデン大統領の新計画、キャリードインタレストの税優遇廃止も - Bloomberg

不動産投機熱が下がるのだとしたら、この部分の税制改正は歓迎すべきことかも知れない。

 

 

重要経済指標の発表なし。

 

 

個別株の方は、重要銘柄の決算発表が続く:

アップル、1-3月は54%増収と予想大きく上回る-製品需要が急増 - Bloomberg

フェイスブック、広告需要好調で売上高が急増-ユーザー数も増加 - Bloomberg

クアルコム、4-6月は強気な見通し示す-5Gスマホ需要が寄与 - Bloomberg

加ショッピファイの株価上昇、1-3月売上高と利益が予想上回る - Bloomberg

などなど。

どこも良い決算だったようで、何より。ここら辺は日本の報道がたくさんでるので、blog記事としてはスルー。

市場予想を上回ったのにMicrosoftの株価だけ下がっているのが気になる。好調な業績が織り込み済みなので、株価が上がらないというだけなら納得するが、3%近く下げるって・・・。

あまりに奇妙なので、買い増してしまったヨ:

f:id:alibertarian:20210429085643p:plain

Microsoft 5D 2021/4/28 - Yahoo Finance

 

 

 

最後に車/半導体不足関係。

様々なメディアが半導体不足を報じていますが、ここまでだとは・・・:

www.youtube.com

・Fordは売上、利益ともに予想を上回った。

 自動車売上は$33.5B。

 一株あたり利益は¢89で、市場予想¢21を大きく上回った。

 しかし、株価は下落している。その理由は業績予想。Q1期末の流動性は$47B。自動車生産量が半導体不足によりQ2は50%減、2Hは10%減になるとのこと。減少数は合計すると110万台となる。金額にすると、$2.5Bの影響。21年のフリーキャッシュフロー予想は$500M~$1.5Bとなった。

・このあとCNBCにFord CEO ジム・ファーリーが出演する。

 我々は今まさに半導体不足の本当の影響を目の当たりにしている。

 

 

生産量が半分って・・・、一時帰休とかしちゃうレベルですネ。

他の自動車メーカーがどうなのかも気になります。

もちろん「GMトヨタVW、日産・・・も全メーカーが生産量半分になったら大変だ!」というのもあるけれど、Fordだけ大きく影響を受けているのだとしたら、半導体不足を理由にして何かを隠している可能性もアル。

こちらが株価。after hourで3%超の下落:

f:id:alibertarian:20210429090040p:plain

Ford 2021/4/28 - Yahoo Finance