塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【BofAサビタ】割安株が次の成長株。

塾長です。

昨日(米国12/15)の米株市場は、大幅上昇。

 S&P500、3,694(+1.29%)

 Nasdaq、12,595(+1.25%)

 Russell2000、1,959(+2.40%)

【米国市況】株は反発、最高値うかがう-米経済対策合意に期待 - Bloomberg

 

10年債が再上昇。ドル安が進行。。。

 10年債、0.9230

 ドル円、103.6580

 

指標は、

 12月 ニューヨーク連銀製造業景気指数、4.9(予想6.9)

 11月 鉱工業生産[前月比]、0.4%(0.3%)

 10月 対米証券投資、-104億ドル

 同(短期債除く)、519億ドル

NY連銀製造業景況指数、12月は4カ月ぶり低水準-受注が鈍る - Bloomberg

 

個別株で大きな動きなし。

 

そんなニュースがない日は、この株価はバブルか?といった話題で(無理やり)盛り上がっている。

BofAがこんな事を言っている:

BofAが警鐘、株式への売りシグナル-投資家の現金保有低下-調査 - Bloomberg

マイケル・ハートネット氏率いるBofAのストラテジストは・・・「21年1-3月(第1四半期)は『ワクチンで売り』というのが当社の意見だ」・・・。

 

そのBofAのサビタ・サブラマニアンがCNBCに出演し、こんな事を言っている(ポジショントーク):

www.youtube.com

・いつでも株式市場に儲ける場所がある。株式市場の回復ではなく、経済回復関連の株を買え。S&P500の中で、GDPに敏感に反応する株。金融やエネルギー。

 割安株が良いと思う。S&P500の中で最も割安に置かれている50種を買え。直近14回のリセッションのうち、リカバリーは安い株がリードする。リカバリーは典型的に12か月続く。ここ1か月、小型株、エネルギーが戻ってきた。これらが新しい成長株になる。

 興味深いのは、value benchmarkを見ると、割安株の収益成長は、今後3年、growth benchmarkよりも高いことになっている。奇妙な世界にいるようだが、リセッションからの回復期に典型的に見られるものだ。

 

 

そう言えば、先日Citiも同じような事(今の株高は続かない)を言っていましたネ:

シティ、S&P500「オーバーシュート」に警鐘-高揚感が薄れる兆し - Bloomberg

 

結局、株屋さんは、売り買いしてもらってナンボですから。

マッチポンプ