塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジム・クレイマー】XL Fleetは激安だ【電動車バブル】

塾長です。

12/19にupされていた動画(放送は多分12/18)で、ジム・クレイマーがXL Fleetを推奨していた。

その前に、そもそもXL Fleetが何者かを説明しておくと、Ford F-150、F-250、Chevy Cilveradoなどの業務用車両(fleet)に、ハイブリッドシステムを後付けでインストールする会社。

今年9月、SPACであるPivotal Investment Corporation(PIC)との合併を通して上場することを発表している。合併は来週中(12/21週)に完了予定。

 


Jim Cramer breaks down XL Fleet, EV company going public via SPAC

 

ジム・クレイマーのXL Fleet推奨理由は、

1.他の電動車関係SPAC上場株と違い、売上計画が素晴らしい。2020年売上$21M、21年売上予想$75M、22年$281M、23年$647、24年$1.4B。

2.SPACを主導しているジョン・レデッキー(Jon Ledecky)は素晴らしいビジネスマン。New York Islandersのオーナーである事でも知られている。

3.XL Fleetの株価(=今はまだPICの株価)は2023年売上の3.3倍にしか過ぎない。例えば全固体電池メーカーのQuantam Scapeは2027年売上の10倍で取引されているのと比べると、非常に安い。PICの株価である15ドルは激安だ。

 

注意点が2つ:

1.XL Fleetは素晴らしい”つなぎ”のソリューションだ。しかし、トラックメーカーが独自の電動車を作りだしたあと、どうなるか分からない。市場は十分大きいかも知れないし、XL Fleetはパワートレインを自動車会社に直接販売するようなビジネスモデルを採用するかも知れない。

2.XL Fleetは地方政府とのビジネスが多い。今、地方政府はコロナで財政が苦しい。将来は回復するとしても、特に来年のビジネスは厳しいかも。

 

 

面白い会社もあるものですナ。

トヨタが自社ハイブリッドシステム技術を公開していたけれど、本当に広めたいのであれば、こんな会社を買ってみても良かったのでは?

 

 

参考までに、2020年9月、SPACを通じて上場を発表したときの、XL Fleet創業者トッド・ハインズのインタビューも貼っておこう。特に面白い事は言っていないが:


XL Fleet founder on going public through a SPAC, path to profitability and more

 

 

ジム・クレイマーが自分で言っているように、Ford F-150の電動車は2023年発売予定で、XL Fleetのビジネスがいつまで継続できるのかアヤシイ。

それも値段次第という気もするので、調べてみたところこんな記事があった。9千ドル。100万円くらい(真偽は不明)。:

insideevs.com

 

う~ん。現行車両を使用期限まで使い、徐々に電動車に買い替えて行った方が良いような・・・。

「2023年までにCO2排出量をゼロにする」等と宣言している会社・政府機関には売れるかも?

植林でもしてオフセットした方が簡単な気もする・・・。

 

ただ、電動車バブルが来ているのは間違いないので、XL Fleetをトレード対象にするのはアリだと思う(長期資産運用には向かない)。