塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【ジーン・マンスター】完全自動運転はライドシェアの聖杯【Lyft決算】

塾長です。

昨日(米国2/9)の米株市場は、マチマチ。

 S&P500、3,911(-0.11%)

 Nasdaq、14,007(+0.14%)

 Russell2000、2,299(+0.40%)

【米国市況】S&P500種が7日ぶり反落、ドル続落-原油は上昇 - Bloomberg

 

債券、為替、コモディティ

 10年債、1.1570

 ドル円、104.571

 Bitcoin、46,758

ビットコイン、一時4万8000ドル突破-NY時間も4.7万ドル台で底堅い - Bloomberg

 

今日も主要経済指標の発表なし。

 

企業決算はTwitterCiscoLyftなど。

シスコシステムズ、11-1月期の売上高伸び悩む-時間外で株価下落 - Bloomberg

Twitterは売上・利益が予想を上回ったものの、アクティブユーザ数が期待にそぐわなかったようで、下落。

 

そして、ジーン・マンスターがLyftを解説:

www.youtube.com

Lyftの株価は今後6か月、上昇するだろう。成長軌道に戻る。12月期、コロナ前[売上は]53%伸びていた。[年度では]33%減少となる。しかし、決算発表では、バウンスバックが見込まれると発表。売上増加に戻る。レベレッジを得るために、支出をカット。株価は、1年前と同水準。今年後半を推測すると、より良い支出のコントロールをするだろうから。

 我々が十分注目していないのは、この業界の長期的なgame planだ。UberLyftやロボタクシー業界。長期的には答えの出ていない問題だ。Tesla、Apple、Waymoが競合となる。

UberLyftなら、Lyftが良い。ビジネスモデルが簡単。料理宅配は多くをもたらさない。Uberは様々な国で活動し、複雑性が増している。カリフォルニアでの騒動が、他の地域でも起こると考えてみて欲しい。Lyftにはアドバンテージだ。私のカネはUberではなく、Lyftに置く。

・今後6か月、売上・利益が改善し、株価は上がるだろう。

 今後3年間で何が起こるか。Teslaが[ride shareの]appを今年末に立ち上げる。Cheperon Robotaxi(???)。最後のピースはこれだ。自動運転で運転手を無くすというのは、このビジネスの聖杯。他のテック企業も狙っている。そして価格競争が始まる。究極的な向かい風。AppleやTeslaが大きな市場シェアを取るとかいう問題ではなく、プライスパワーを持てるかどうか。

 

 

完全自動運転タクシー・・・。

頭が固くて、ついて行けません。頭が固くて、電気自動車が今のようなスピードで販売量が増えるとも思っていなかったし、民間ロケットがNASAを超えるとも思っていなかったので、黙って聞いておくことにします。疑ってスミマセン。