塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Tesla、インド市場へ。トヨタは?

塾長です。

昨日(米国2/15)はPresident's dayで休場。暇だ・・・。

日本では、日経が3万円を超えたので、記念に貼っておこう:

f:id:alibertarian:20210216082907p:plain

日経225, 2021/2/15 - Google

バンザイ!

 

 

あいかわらず自動車に注目していますが、引き続き台風の目はTeslaですネ:

米テスラ、インドでのEV製造合意近い-関係者 - Bloomberg

日本語版は要約なので、英語版を見て行きましょう。Bloomberg.comに直接見に行くと有料なので、Yahoo Financeより:

finance.yahoo.com

日本語版にないポイントは、

・BloombergNEFの集計では、インドにおけるEVが占める年間新車販売台数の割合は1%以下。中国のそれは5%。

・アナリストによると、インド高級車市場(BMW、Mercedesなど)は3万~5万台/年でしかない。

・インドの充電設備は充実していない。

・2015年、インド政府は三輪車、バスを含む電動車に対する補助金9ビリオン・ルピー(≒$123M)を設定した。2019年、100ビリオン・ルピーに拡充。

・2019年8月、インド政府はEVに対する付加価値税を12%から5%に削減。他の自動車は最大28%となっており、トヨタらが批判している。

 

 

Teslaは事業拡大のスピード緩めないどころか、加速し続けているのがすごい。株高で資本があるのは大きな推進力になっているのはもちろんだけれど、普通は(車に限らず)次々と工場を立ち上げられるほど専門家がいなかったりするのだけど。

 

以前(2020年9月)、B1Mが「Teslaはどうやってそんなに速く工場を作れるの?」というビデオを出していた:

www.youtube.com

簡単に言うと「テンプレートがあって、プレハブ工法で作っている」らしい。本当に難しいのは、工場内のロボットの設置、工員のトレーニング、品質の確保だと思うのだけれど、残念ながらそこまでの言及は無し。

 

「Teslaは高級車だからインドの市場は小さい」という論調については、Model2、2万5千ドルの噂もあるので、どうでしょう?決して安くなないけれど、それなりに競争力があるのでは?

Tesla's Rumored $25,000 Model 2 For China Could Be Unveiled In Late 2021: Report

充電インフラも自社で整備するのかも。米国でやったように。

 

 

そして、最後の「トヨタが批判」を伝えるニュースはこちら:

トヨタ、インドで事業拡大しない方針-自動車税率の高さ指摘 - Bloomberg

ト、トヨタ、大丈夫か???

さっさとスズキブランドの電動車をインドで発売するとかしないと、テスラにやられチャウのでは???

 

ちなみに、トヨタ社史によると、トヨタがインド現地生産を始めたのは1999年から。

トヨタ企業サイト|トヨタ自動車75年史|第3部 第4章 第3節|第1項 TKMの設立―インド

その時のニュースリリース

global.toyota

年間5万台の生産能力があるとしている。今後テスラから発表されるであろう計画と比較していきたい。