塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【雑談】ようやく2020年の家計簿を締めた【簡単・無料の方法を公開】

塾長です。

2021年を迎えたと思ったら、いつのまにか3月に突入。

そして、3月になって、ようやく2020年の家計簿をしめました。

家計簿は、住信SBIネット銀行を使っているので、Money Forward for 住信SBIネット銀行を利用。無料。

銀行、クレジットカード、電子マネーを登録しておけば、勝手に仕分けして、どのカテゴリーにいくら使ったかまとめてくれるので、とても便利。

無料版だと、登録できる銀行・カード・電子マネーの数が10件まで、保存するデータは1年まで、データのエクスポート不可という制限がある。

エクスポートができないので、画面に表示させて、それをコピー&Googleスプレッドシートにコピー。

Googleスプレッドシートに入れてしまえば、あとはこっちのもの。好きなようにグラフにしたり、分析したりできる。

 

手順を詳しく書くと、こんな感じ:

 

1.マネーフォワードを立上げ、「ホーム」から「家計」へ: 

f:id:alibertarian:20210308082521p:plain

 

2.「家計」のサブメニュー「月次推移」へ:

f:id:alibertarian:20210307233040p:plain

 

3.すると、こんな画面になり、6か月間の家計簿が表示される。欲しいのは、画面中央から下にある表の部分。

f:id:alibertarian:20210308083425p:plain


5.その表の部分をマウスで選択(表の左上から右下に向かい、左クリックしたままマウスを動かす)し、「コピー(ctl-c押下)」

f:id:alibertarian:20210308083817p:plain

 

 6.Windows標準アプリ「メモ帳」を立上げ、おもむろに「ペースト(ctl-v)」

f:id:alibertarian:20210308084311p:plain

 

7.「全て選択」し、「コピー」(ctl-a, ctl-cを連続して押す)

すると、余計な情報の入っていない/文字情報だけの家計簿がクリップボードに入る。

 

8.Googleスプレッドシートを立上げ、「ペースト(ctl-v)」

f:id:alibertarian:20210308084955p:plain

ここまでで、マネーフォワードから家計簿データのダウンロードは完了。

この作業を6か月ごとに繰り返す(毎回新しいシートに貼っていく)。

 

 

ここから、文字データを数字に変換して、分析できるようにする。

9.Googleスプレッドシート、H2セルに移動し、「=VALUE(REGEXEXTRACT(B2,"[0123456789,-]{1,}"))」と入力。

 これで、B2セルの文字列が数字に変換できる。

 

10.H2セルを選択し「コピー(ctl-c)」。

 Shiftを押しながら、カーソルをM23までカーソルキーを使って移動。

 「ペースト(ctl-v)」

 すると、H2からM23までH2セルの内容が相対パスで埋められる。

 すなわち、家計簿情報全体が数字に変換されたはず。

 

11.あとはこの数字を、横に足せば、6か月分の収入だったり、使途別の合計金額が出せる。

 食費÷支出合計すれば、食費の割合が分かる。

 円グラフにすれば、どの使途が多いのか・少ないのか、どこを削減すると良さそうかなどが分かる。

 

 

この作業を6か月ごとに繰り返せば、簡単に・無料で家計簿がつけられるという仕組みです。

 

 

あ、この一年の変化という意味では、自粛期間が長かったため、交際費や趣味娯楽が激減。

「ああ、わたしはこんなに生活費を安く抑えられるんだ」 と気付かされました。

 

お題「#この1年の変化」