塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

投資家はトランプ再選に賭け過ぎか?【キース・フィッツジェラルドに聞いた】

塾長です。

State Streetが投資家に対しトランプ再選に有り金全部賭けるのはよせ、と警告。

Money May Pressキース・フィッツジェラルドに聞いたヨ:

www.youtube.com

・逆なんじゃないかな。投資家はトランプ落選を予想して、金融市場が大打撃を受ける、その先を行こうとしているのではないか。

・大統領選が進むにつれ変動幅が大きくなるのは避けられない。コロナウィルス、貿易摩擦などのニュースもある。投資家の仕事は、市場がどんな状態であろうと利益を取る事。市場が高値を追うなら、その流れに乗るべき。

 一方、質の良い会社、質の良い利益、質の良い利益への道筋は投資を守ってくれる。

・個人的には、市場はコロナウィルスを過小評価していると思っている。中国のニュースは信じられない。

 米国への影響については、まず、短期的には、経済的打撃は少ない。その後、製造業が戻ってくる可能性がある。

・中国は、トレード1ディールについて、コロナウィルスを口実に免責を求めてくるだろう。

FEDはコロナウィルスによる経済インパクトと、好景気の板挟み。下院証言では、まだ状況を見守る時期と言った。その態度が正しいと思う。

 

 

民主党候補選び、バイデンが落ちる可能性が高まり、楽しくなってきた。

トランプ再選の可能性が騒がれ出して、株が下がれば、買いダ!!!