塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

ピーター・ナヴァロ、また吠える。

塾長です。

皆大好きピーター・ナヴァロ。米国5/11、CNBCによるインタビュー!

www.youtube.com

・トランプが3.5年かけて作った美しく強い米国経済が中国のせいで台無しだ。

 単純な事実として、中国でウィルスが発生した。

 WHOを盾にして2か月隠した。これも事実だ。

 そのあいだ、武漢からの飛行機は北京や上海には行けず、ミランやニューヨークに飛んだ。

 数十万人の中国人スーパースプレッダーが世界にウィルスをバラまいた。

 そして、もともとPPEの純輸出国だった中国は、2ビリオンのマスクや手袋を世界中から買いあさった。

 中国は世界中に巨大なダメージを与えた。それは今でも続いている。

 米国はこの戦いに$10Bも使った。

 請求書は中国に行くべきだ。

 罰するとかいう問題ではない。

 中国共産党に責任を負わせるかどうかの話だ。

・上海のディズニーランドが再オープンした。

 俺はオレンジ郡が来た。そこはディズニーランドの母なる大地だ。

 俺のアメリカの人々がディズニーランドに行けないのは、中国共産党パンデミックを起こしたからなんだ。

・俺の仕事は、サプライチェーンを米国に持ってくる事だ。

 トランプ大統領は就任以来サプライチェーンを米国に戻したがっている。

 米国が繁栄し、生産性を上げるために必要なのは、ここに強い製造拠点を持つことだ。

 製造業は安全保障にかかわる。

 もしそれを信じられないヤツがいるなら、製薬のサプライチェーンを見ろ。

 世界中に広がってしまっている。

 米国にあってもおかしくないのに。

 

 

誤解のないように何度も言いますが、ピーター・ナヴァロの言っている事が正確かどうかは関係ない。

米国株投資家として、米国、トランプ政権の高官が、国中に流れる、多くの投資家が見ているテレビで、コロナが広まったのは中国のせいだから、コロナで使った金は中国が払うべきだと言っている、その事実を知っておくのが大切。

関税上げるのか?別の手段を取るのか?と身構えちゃうネ。