塾長の資産運用

アメリカ帰りの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

S&P500は12か月後、4,000を超える。

塾長です。

独立記念日連休明けの昨日(米国7/6月)は、株価上昇。

 S&P500、3,179(+1.59%)

 Nasdaq、10,433(+2.21%)

Nasdaqは、また最高値更新。

 

指標は良かった。

 6月ISM非製造業景況指数(総合)、57.1(予想50.0)

www.bloomberg.co.jp

 

指標よりも、市場を引っ張ったのは、AmazonやTesla。

 Amazon(AMZN)、3,057(+5.77%)

 Tesla(TSLA)、1,371(+13.48%)

 

Teslaは納車台数増で、S&P500入りも見えてきた。

www.bloomberg.co.jp

 

 

今後12か月で、S&P500が4,000になると言いだすファンドも出てきた。

Capital Wealth Planning, チーフ・インベストメント・ストラテジスト ジェフ・サウト:

www.youtube.com

・あなた(司会者ジョー・カーネンのこと)も私もNYに住んでいる。レストランに行ってみろ。レストランは満杯だ。St. Petersburgにあるレストランは人であふれている。多くのエコノミストが考えているより、経済は良い。企業利益も多くの人が考えているより、良い数字が出るだろう。 

 そして、多くの人がまだ投資にマネーをまわしていない。$5Tがmoney market fund(MMF)に置いてある。MMFだぞ。

 皆が思っているより、株は上がる。場合によっては秋に向けて、10~12月に向けて足踏みするかも知れないが、秋はロケットのように上昇する。S&P500は4,000を超える。12か月後には4,000を超えると予想している。

・Under investmentの状態だ。これは継続的強気相場(secular bull market)だ。50年前、この業界にいた人は多くないので、継続的強気相場を見た人は少ない。継続的強気相場というものは、15~20年続くトレンドだ。

 開始時点をどこに置くか。08年10月か、09年3月か。それでも5~7年残っている。誰も信じていないが。

 

 

そりゃ、誰も信じないよ。

しかし、MMFにある$5Tがどこに向かうかは気になるところ。

MMFは投資先が無くて、とりあえずマネーを置いておく場所の代表格。多くのアナリストが「資金がサイドラインに置かれている」と言ったりしているのと同じ事を言っている)

 

Latitude Investment CIO フレディー・レイトは、マネーの行先は株しかないだろうと言っている:

youtu.be

・投資先として考えられるのは一つしかない。世界における(注う:米国以外の国にも目を向けろという意味)High qualityな企業だ。債券利回りはゼロだ。

・米国がウィルスを制御できていないのは心配だ。

 バリュエーションが高いのは、値上がりしているのがテック、成長株だからだ。

 米国の銀行は歴史的に割安な状態。エネルギー、米国の小売りもまだ割安だと思っている。それらは景気敏感株。例えば我々が3月に投資したTexas Instruments。優良だ。などもやそのほか、優良な企業は割安に置かれている。欧州のエラキーダ(?)、米国のLinda(?)など。非常に割安な状態。

 

 

個人的にはTeslaよりも、銀行や発電事業者(配当が良い、バランスシートが良い、継続的にキャッシュを生み出す事業)に投資したい。

 

まー、全てはポジション・トークなので、くれぐれもレバかけてfull investmentなどしないようにネ。