塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Bitcoinは馬鹿げた保険。

塾長です。

昨日(米国1/7)の米株市場は、大幅上昇。

 S&P500、3,803(+1.48%)

 Nasdaq、13,067(+2.56%)

 Russell2000、2,096(+1.89%)

【米国市況】株続伸、主要3指数とも最高値-景気刺激拡大の観測 - Bloomberg

 

債券、為替、コモディティーは、

 10年債、1.0710

 ドル円、103.84

 Bitcoin、39,741

 原油、50.92

 

指標は、

 12月 ISM非製造業景況指数(総合)、57.2(予想54.6)

 新規失業保険申請件数、78.7万件(予想80.0万件)

 失業保険継続受給者数、507.2万人(520.0万人)

米ISM非製造業景況指数、予想外に上昇-雇用は縮小に転じる - Bloomberg

米新規失業保険申請、高止まりで新年入り-労働市場の弱さ続く - Bloomberg

 

 

結局ジョージア州上院2議席民主党が取ったみたいネ。そうなると株は下がると予想していた人が多かったが、下がりませんでした。(もう少し長い期間を取る必要はあるとしても、今時点で振り返ると)1/4の下落が全てでした。

ここで「アナリストは馬鹿」「経済学者はアホ」「猿ダーツ」と話を終わらせてしまうともったいない。それだけカネが余っている、行き場を無くしたカネが世界中で落ち着き先を探しているのが(ふたたび)明らかになりました。それが株高を支えているし、Bitcoin高騰を招いている。日本株でさえ、昨日非常事態宣言が出ると決まったにも関わらず上昇。

弱小個人投資家は、このバブル状態をどう生き抜くべきか?

基本シナリオは「方針を変えず、淡々とS&P500(or 全米 or 全世界)を積立」。

サブシナリオの一つは「こんなバブルは20年に一度のチャンスだから、積極的に買い」。

別のサブシナリオは「バブルなので売り」。

さて、どうする?

 

 

最後に、Bitcoin推しのチャマス・パリハピティヤが勝ち誇ってるインタビューをどうぞ(Bitcoinの部分だけ):

www.youtube.com

・2012年、13年に私がCNBCに出演した番組を再放送してもらえますか?その時Bitcoinは200ドルで、Bitcoinの話をするたび、皆さん私を笑いものにしましたよね。

 Bitcoinは100K、150K、200Kドルと上昇するでしょう。期間は分かりません。5年なのか、10年なのか。しかし、そこに達するでしょう。これらの事(注:デモ隊の議事堂侵入を指していると思われる)が起こるたび、我々のリーダーはかつてほど信頼できないと思い知るからです。我々には、枕の下においておける保険が必要なのです。最終的には別のものに移行するでしょう。しかし、今の時点では、全てのデータポイントはこれを証明している。社会は疲弊している。我々が社会を良くする方法を見つけるまで、ちょっとだけ馬鹿げた保険(a little schmuck insurance)を傍に持っておくのが良いのです。私もこうなるとは予想していませんでした。