塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

【メモ】VR Shoppingってどうだろう?【技術】

塾長です。

Virtual Shopping Platformを手掛けるObsess Founder & CEO ネハ・シンがYahoo Financeに出演していた。

スマホ、PCの画面上に(仮想の)店舗を再現。客はサイトにアクセスして、仮想の店内を歩き回り、商品を手に取り、買い物ができる。

Obsessの場合、VRヘッドセットを使わない。

・・・と言っても全然伝わらないので、ビデオを見た方が早い:

www.youtube.com

 

こちら、Obsessの顧客の一つChristian Diorのサイト:

virtualstore.dior.com

 

他にもLevi's、Tommy HilfigerがObsessを使っていると宣伝していたので探したが、実際のwebサイトは見つからず。

 

 

コロナで客が実店舗に行かなくなった・行けなくなったので、この手のサービスが注目されていると思うのだけれど、Diorを見た感じ、あまり人気が出るような気がしない。

Second Lifeの二の舞の臭い。ちなみに、Second Lifeはまだ存在するヨ

仮想店舗にこだわるなら、あつまれ動物の森のような漫画化された世界感(2D)で表現するか、Facebook/Oculusと組むなりして立体感・奥行き感のある(3D)表現にするか、どちらかに振り切るべきな気がしました。

スマホ、PC画面で展開するなら、インターフェースは(Amazon楽天Uniqlo・・・どこの電子商店でも採用している)商品一覧の方が使いやすい。その上で、商品自体を見せるときに360度viewを使うのはアリ(amazonで既にやっているように)。

SNSとの連携ができていない(ように見える)のもいかがなものか。今の消費者は、気になる商品があったら口コミやYoutubeの動画を探しに行くのでは?洋服であれば、Pinterestの投稿と結びつけるとか。

 

ということで、Obsessに投資したくなりませんでしたが、VR電子商取引は伸びると思うので、引き続き観察していきたい。

 

 

時間があれば、こちらも試してみたい:

www.v-market.work