塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

23andMe、Andurilどちらが好み?

塾長です。

昨日(米国6/17)の米株市場は、ヨコ。

 S&P500、4,221(-0.04%)

 Nasdaq、14,161(+0.87%)

【米国市況】ハイテク株高い、長期債急伸-リフレトレード後退 - Bloomberg

 

 

債券、為替、コモ:

 10年債、1.5110

 ドル円、110.2710

 Bitcoin、37,959

 原油、71.02

 

 

経済指標:

 6月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数、30.7(予想31.0)

 5月 景気先行指標総合指数[前月比]、1.3(1.3)

 

 また、失業保険詐欺が増えたのでは?:

米新規失業保険申請件数、予想外の増加-4月後半以降で初 - Bloomberg

 

 

日本/企業統治

エフィッシモ:東芝に強い危機感、ガバナンス改善を-報告書受け - Bloomberg

 

 

 

個別株では・・・、

・23andMeが、リチャード・ブランソンのSPAC使って上場。

23andMeは、個人向けDNAテストの会社。検査キットを送ってもらって、そこに唾を入れて送り返すと、DNAの分析をして、どんな病気にかかりやすいかを教えてくれるらしい。

CEOのインタビューはこちら:

www.youtube.com

う~~ん、どうでしょう? 

 

 

・個人的にはこちらの方に興味がある。

Palmer Luckey(注:Oculusを作ってFacebookに売った人)が立ち上げた防衛テクノロジー企業Anduril※1がシリーズDファンディングを受けたそうです。

$450M。企業評価額としては$4.5Bになった。

まずはAndurilの製品であるドローンを見てもらった方が理解が早そう:

 

そして、こちらが共同創業者へのインタビュー:

www.youtube.com

 ーこのカネを何に使う?

・我々はメジャーな防衛契約企業になりたい。戦闘能力を高める。このカネで人を増やせる、製品を強化できる。戦略的に、他の企業と組むことができる。

ー国境の壁に使われる予定の予算が、現政権になって、減額された。しかし、仮想的な国境の壁というアイディアはあるだろう。Andurilとしてはどうか?

・バイデンは、選挙前から、最新の技術を使って国境強化を唱えていた。我々の立場は良い。CDCと良い関係になある。国境警備のミッションに貢献できる。

ー他のテクノロジーとどこが違う?

・過去20年間、様々なテクノロジーが国境強化に使われた。サーベイランス・タワーなど。大抵の場合、管理上の問題というより、技術の未熟さゆえ、失敗した。それが、バッテリーやGPUの進歩、より良いセンサーにより強化された。ソフトウェアで統合的に管理できる。我々の優秀なコンピュータ技術者は、GoogleFacebookで広告の最適化をしていた者たちだ。国防に関して重要なミッションだ。それは優秀な技術者のリクルートにも役に立つ。

ーAndurilは別として、多くの防衛スタートアップは小さい。今の防衛セクターをどのように分析するか?Lockheed Martinなどとの協業はあるのか?

・その答えは2つから成る。我々は防衛に新たな技術をもたらす企業をリードする者としてプレッシャーを感じている。これらの新興企業ベンチャーのカネが入っている。彼らと協業するのが楽しみだ。

防衛元請企業の質問については、少し別のストーリーだ。(既存の)防衛元請企業は中国共産党に愛されている。彼らは遅い。能力がない。我々はインターネット時代の会社だ。恐竜時代ではない。今、巨大IT企業の独占が問題になっている。同じように、防衛企業に目が向けられるべきだろう。

 

 

上場したら一口乗らせて頂き鯛。

 

 

※1:Palmer、Andurilを理解するためには、このビデオをお勧めします(日本語字幕付き):

www.youtube.com