塾長の資産運用

アメリカ株大好きの塾長が資産運用と関連ニュースを語る。投資は自己責任でネ!

Intel、どうした?

塾長です。

昨日(米国7/24)の米国株式市場は下落。

 S&P500、3,215(-0.62%)

 Nasdaq、10,363(-0.94%)

Bloombergは米中対立を嫌気と報道。後付け。本当の理由は上がり過ぎたから。

【米国市況】株続落、米中対立激化を嫌気-金スポットは1900ドル突破 - Bloomberg

ゴールドが上昇。シルバーも上昇しているらしい。コモディティーはやらないので、良く知りませんが。

 

重要指標は住宅。

 6月新築住宅販売件数[年率換算]、77.6万件(予想70.0万件)

 同[前月比]、13.8%(予想3.6%)

経済活動が順調に再開しているとも言えるし、これは6月の数字なので、7月はコロナ拡大のせいで下落している可能性もある。

米新築住宅販売、6月も大幅に増加-約13年ぶり高水準 - Bloomberg

 

金融業界では、ゴールドマンが1MDBでマレーシアと和解。

ゴールドマン、1MDB問題でマレーシアと和解-39億ドル支払いへ - Bloomberg

まだ米司法省の捜査は続いているそうだ。ただ、大部分は終了。

 

政治的には、トランプが薬価引下げの大統領令にサインしたのと、中国が米国領事館@成都に閉鎖命令。

中国、米国に成都の総領事館閉鎖を要求-ヒューストン閉鎖に対抗 - Bloomberg

 

個人的に一番影響を受けたのがコレ:

インテル株が一時18%安、自社生産撤退の可能性をスワンCEOが示唆 - Bloomberg

 Intel、50.59(-16.24%)

 AMD、69.40(+16.50%)

 TSM、73.90(+9.69%)

Intel、昔は輝いていたのに、いったいどうしてしまったのでしょう?

AMDは敵失による勝利。TSMの技術力で勝負が決まった。

なぜTSMが微細化技術で優位に立てたのか?iPhoneのチッブ(A何とかシリーズ)製造で腕を磨いたから?iPhoneも、PCも出荷台数は2億台/年くらい?TSMはIntelの倍以上製造していることになる。

Intelが、ソフトウェアに手を出したのも、彼らの苦悩というか、迷いを表していた。古くはWind River、マカフィー。最近ではMoovit。

ただし、Mobileyeは化けるかも知れない。注目。とは言え、Intelを立て直せる程の大化けはしないでしょう。